九州電力の瓜生道明社長は18日、玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)と川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働にかかる安全対策コストが、当初想定していた2千数百億円から1千億円膨らみ、3千数…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加