■寺院の荘園だった名残 基山町大字長野は町の南東部に位置する。1889(明治22)年4月に小倉・宮浦・園部・長野の4村合併で基山村が開村するまでは長野村だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加