三幸パンのあんパン

 佐賀県鹿島市の街中から少し外れた県道沿い。小さな黄色のプレハブ小屋が建っている。1979(昭和54)年創業の「三幸パン」の直売所で、店内には食パンや菓子パンが並ぶ。昔懐かしい味が地域住民に親しまれている。

 看板商品の一つがあんパン(140円)。薄く柔らかな生地と控えな甘さで優しい味に仕上げている。2代目社長の池田秀輝さん(67)は、ぼた餅が好きで「昔ながらのおばあちゃんが作る味」を追求したという。

 農作業や工事現場の差し入れで買い求める人も多い。体を動かす仕事の合間におやつとして喜ばれている。「さくらあん」や「うぐいすあん」などもある。

 直売所の裏に工場があり、焼きたてを提供する。添加物を使用しない健康志向のパン作りを続けており、県西部エリアを中心に小中学校の学校給食へも提供している。

 食パン(1本690円)、バターロールパン(5個250円)なども人気。(中島幸毅)

▽鹿島市三河内1067―4
▽10~18時
▽日曜、祝日休
▽0954(63)1180

このエントリーをはてなブックマークに追加