燃料費高騰が続く中、ハウス栽培での環境制御技術が注目を集めている。ハウス内の気温や湿度、二酸化炭素をデータ化し、最適な条件での栽培を実現させている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加