冊子を執筆した中川副まちづくり協議会の江頭俊雄さん(左から2人目)ら

 佐賀市川副町の中川副校区の住民らでつくる中川副まちづくり協議会がこのほど、地域の歴史をまとめた冊子「中川副歴史探訪ウオーキング」を制作した。出身者の佐野常民ら「中川副の七賢人」やウオーキングスポットなどを紹介している。

 冊子は昨年の中川副公民館の移転新設に合わせて制作した。毎月発行している公民館だよりで連載した「中川副歴史探訪」を全47回分収録している。執筆した同協議会歴史・伝統部会の江頭俊雄さん(70)は「町中を歩いて観光したくなるような、ふるさとへの思いが変わる一冊に仕上げた」と語る。

 他の校区との交流会や佐賀新聞の投稿欄「ひろば」への投稿状況など、協議会の活動紹介も盛り込んでいる。B4判93ページで非売品。校区内の各世帯に無料で配布する。問い合わせは江頭さん、電話090(9073)6966。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加