国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、潮受け堤防排水門の開門命令の効力について争う請求異議訴訟の差し戻し控訴審が、福岡高裁(岩木宰裁判長)で続いている。諫早湾周辺の漁獲量の推移が最大の争点となり、増加傾向に転じていると主張する国に対して開門を求める漁業者側は依然として低迷している状況を訴える。