「高校生平和大使」の応募を呼び掛ける第23代大使の川崎花笑さん=佐賀県庁

 核兵器廃絶(かくへいきはいぜつ)を世界(せかい)に発信(はっしん)する「高校生平和大使(こうこうせいへいわたいし)」に関(かん)し、佐賀県派遣委員会(さがけんはけんいいんかい)は第(だい)24代(だい)大使を募集(ぼしゅう)しています。核兵器の廃絶や平和を訴(うった)える署名活動(しょめいかつどう)に取(と)り組(く)み、8月(がつ)にスイス・ジュネーブの国連欧州本部(こくれんおうしゅうほんぶ)を訪問(ほうもん)する予定(よてい)。新型(しんがた)コロナウイルスの影響(えいきょう)で派遣の先行(さきゆ)きは見通(みとお)せませんが、第(だい)23代(だい)大使の川崎花笑(はなえ)さん=鹿島高2年=は「勇気(ゆうき)を出(だ)して踏(ふ)み出(だ)して」と応募(おうぼ)を呼(よ)び掛(か)けています。
 平和大使(へいわたいし)は1998年(ねん)から毎年派遣(まいとしはけん)しています。佐賀県枠(さがけんわく)は12年(ねん)に設(もう)けられ、今回(こんかい)で10代目(だいめ)になります。 昨年(さくねん)は新型(しんがた)コロナの影響(えいきょう)で国連欧州本部(こくれんおうしゅうほんぶ)への派遣が中止(ちゅうし)になりましたが、川崎さんは学徒動員(がくとどういん)で犠牲(ぎせい)になった人(ひと)の追悼式(ついとうしき)を鹿島高(かしまこう)で開(ひら)くなど精力的(せいりょくてき)に活動(かつどう)しました。オンラインで国連(こくれん)の中満泉事務次長と意見交換(いけんこうかん)もしました。
 川崎さんは「コロナ禍(か)でもできることを探(さが)して活動(かつどう)してきた。困難(こんなん)な状況(じょうきょう)でも、平和(へいわ)を訴(うった)えて活動することはたくさんあると感(かん)じた」と話(はな)し「高校生(こうこうせい)でしか挑戦(ちょうせん)できない大(おお)きなチャンス」と応募(おうぼ)を呼(よ)び掛(か)けました。
 任期(にんき)は約(やく)1年(ねん)。選考会(せんこうかい)は29日午後(にちごご)1時(じ)から、佐賀市高木瀬町(さがしたかぎせまち)の県教育会館(けんきょういくかいかん)で実施(じっし)します。平和に関(かん)する自己(じこ)アピールや小論文(しょうろんぶん)、面接(めんせつ)があります。希望者(きぼうしゃ)は23日(にち)までに郵送(ゆうそう)で申(もう)し込(こ)んでください。問(と)い合(あ)わせは、県派遣委員(はけんいいん)会、電話0952(32)2211。(26日付26面・岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加