ツツジの名所、大興善寺(神原玄應住職)で17日、本尊「秘仏十一面観世音菩薩」の御開帳が始まった。午(うま)年に合わせた12年に1度の“拝顔”とあって、初日から多くの観光客が訪れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加