唐津市出身の建築家・辰野金吾が手掛けた武雄市の武雄温泉楼門(国指定重要文化財)の2階内部の干支(えと)が20日から、市内の旅館・ホテルの宿泊客に公開される。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加