カラフルなシシリアンナちゃんのデザインマンホール=佐賀市役所

秀島国王とシシリアンナちゃんが見守る中、披露されたデザインマンホール=佐賀市役所

 佐賀市のご当地グルメ「シシリアンライス」のPRキャラクター「シシリアンナちゃん」を描いたデザインマンホールが2日、披露された。市役所東口付近の歩道に設置され、愛らしい絵柄が話題を集めそうだ。

 市民団体「佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ」(中島丈晴代表)が、4日の「シシリアンライスの日」に合わせて製作した。直径60センチの鋳鉄製で、頭にシシリアンライスを乗せたカッパの女の子をカラフルに描く。

 お披露目式には、シシリアンライス王国の国王に扮(ふん)した秀島敏行市長が出席した。中島代表が、シシリアンナちゃんのコメントを読み上げた。「作ってくれて本当にありがとう。たくさんの人に見に来てほしいなあ。これからも名物グルメの応援頑張るね」とした。

 シシリアンライスは温かいご飯に肉や生野菜を乗せ、マヨネーズなどをかけた料理。1975年ごろ飲食店のまかないとして考案され、市内約50店が提供している。手軽に作れることから、家庭料理としても定着している。(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加