佐賀県内の感染状況(2021年4月1日現在)

 佐賀県は1日、20~80代の男女9人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。唐津市京町のスナック「パピオン 青山ビル店」でこれまでに従業員と利用者計5人の感染が判明し、クラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。県内で変異株の感染が疑われるケースは1人増え、計3人になった。

 県によると、クラスターの5人のうち2人は、3月31日に感染を公表した唐津市の30代女性2人で、従業員と利用者だった。ほかの3人は4月1日に公表した市内の20代と40代の女性、30代男性。陽性になった人の関係者で、店舗を利用していない30代女性の感染も分かった。クラスター関連の陽性者に関し、変異株かどうかを調べるスクリーニング検査は近く実施する。

県はスナックに関し「ほとんどの利用者は特定できている」と説明した。3月14~30日に店舗を利用し、体調が気になる人は唐津保健福祉事務所に相談するように呼び掛けている。事務所は電話0955(73)4186。

また、これまでに感染が確認された人のうち、新たに1人が変異株に感染した疑いがあると公表した。年代や性別、居住地域の詳細は公表しなかった。症状はなく、3月31日に公表した2例目の人と共に県外で行動していた。(円田浩二)

 1日に発表した感染者の内訳は次の通り。
 【佐賀市】40代男性、40代女性2人【唐津市】20代女性、30代男性、30代女性、40代女性、80代女性【有田町】30代女性

【関連記事】

<新型コロナ>唐津のスナックでクラスター 佐賀県が1日発表

<新型コロナ>まん延防止対象の大阪、兵庫との不要不急の往来自粛を 対策本部会議で山口知事が要請

<新型コロナ>唐津市職員が感染 4月2日まで農政課と鳥獣対策室の業務停止

このエントリーをはてなブックマークに追加