小林慎侑さん

 県農業大学校を卒業して、20歳から町内でカーネーションなどを栽培している。うちは代々農家だが、みやき町は農業に優しいイメージが乏しく、新規就農は厳しいと思う。

 後継ぎも楽ではない。国や県の後継者支援制度はあるものの、現実的には使いづらい。若い世代が新しいアイデアに挑戦しようとしても、断念するケースがある。何らかの支援を町で考えてくれたらありがたい。

 農業は町の主要産業の一つ。若い世代が意欲的に取り組めるようになれば、町の活気につながるのではないか。みやき町江口。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加