絵本を寄贈した中島建設の中島雅人社長(後列中央)=白石町の有明ふたば保育園

 鹿島市の中島建設は29日、白石町の「有明ふたば保育園」に100冊の絵本を贈った。

 同社が手掛けた園舎の建て替え工事が昨年末に終わり、新しくなった建物で贈呈を行った。絵本の種類は読み聞かせをする園の保育士らが選んだ。中島雅人社長は「幼い頃から絵本が好きで、楽しい思い出になっている。本に親しみを持ってもらえれば」と話した。

 指山健次郎園長は「絵本は、豊かな想像力を養う。本当にありがたい」と感謝した。有明ふたば保育園と同じ「旭ヶ丘福祉会」が運営する鹿島市の旭ヶ丘保育園に対しても100冊が贈られた。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加