エープリルフールの4月1日に発表された夢の海中レストラン萬坊のイメージ図

 2023年10月、日本初の海中レストラン「萬坊」(唐津市呼子町)が40年ぶりにフルリニューアル。動く歩道の海中トンネルから店内に入り、全面ガラス張りで海の中を360度見渡せる-。遊び心あふれる“夢”の構想が4月1日発表された。

 エープリルフールはうそをついてもいい日、だから大きな夢を語ろう-。企業広報を手掛ける「PR TIMES」のプロジェクトには全国1千社以上が参加、「宇宙学校の設立」「感動を電力に変える感動発電装置の導入」と見出しが並ぶ。

 萬坊は約40年前の開店当時も前例のない夢のレストランだった。コロナ禍で客足が見込めず、地域の元気も失われる中、話題になればとプロジェクトに参加したという。「ライトな雰囲気だから、夢も言いやすいかなと思って。観光地にも、目玉が必要なんです」と太田順子社長。夢で終わらせないつもりだ。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加