唐津署は1日、唐津市内に住む20代女性が会員制交流サイト(SNS)を利用した詐欺被害に遭い、305万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると1月下旬、女性がマッチングアプリで知り合った自称アジア系の男から「仮想通貨の取引でお金を稼ぐことができる」などと投資話を持ちかけられた。その後、2月5日から同25日までに4回、指定された口座に計305万円を振り込んだ。女性は返金を求めたが男と連絡が取れなくなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加