関西在住の旧嬉野町出身者でつくる関西ふるさと嬉野会(長谷川宏会長)が13日、大阪市で開かれた。嬉野市が7月に手話言語条例を施行したことを受け、アトラクションとして「手話落語」が披露された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加