国営諫早湾干拓事業の即時開門などを佐賀、長崎両県の漁業者が国に求めた訴訟の控訴審の口頭弁論が21日、福岡高裁で開かれ、原敏雄裁判長は国に対し、非公開で訴訟の進め方を話し合う「進行協議」に応じるよう勧…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加