住民同士の見守りで野良猫を減らす「地域猫」への理解を促そうと、佐賀市の動物愛護ボランティア「ハッピーボイス」が11日までの3日間、市内一斉で飼い主のいない猫の不妊去勢手術を行う運動を展開した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加