環太平洋連携協定(TPP)交渉の日米協議が重大局面を迎える中、JAグループ佐賀は21日、県選出国会議員に「(重要5品目の)聖域を確保できないと判断した場合、交渉脱退も辞さない」とした国会決議を守り抜…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加