玄海みらい学園サッカー部

 玄海みらい学園サッカー部の部員は、9年生(中3)と8年生(中2)合わせて9人。4月から7年生(中1)が10人入部予定で、中学総体に向け、連携を高めていく。

 ボールを保持し、パスを回していくスタイルがチームの持ち味。主将で9年の石井隼さんは「部員は少ないけど、一致団結して練習や試合に取り組んでいる」と自信を見せる。

 チームの目標は中学総体の地区大会で3位に入り、県大会に出場すること。顧問の市川紫麻(しいま)教諭(27)は「部員8人で11人の相手から2点取ったこともあり、人数がそろえば十分に可能性がある」と部員たちに期待を寄せる。(唐津支社・中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加