20日の鹿島市長選で現職の樋口久俊氏(68)が新人との一騎打ちの接戦を制し、再選を果たした。衰退する産業の活性化や、賛否が分かれる公的施設整備の推進など多くの課題が待ち受けている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加