佐賀県警白石署は30日、杵島郡江北町の60代男性が約1200万円をだまし取られるニセ電話詐欺が発生したと発表した。

 白石署によると、男性の携帯電話に3日、料金未納を知らせるショートメールが届き、連絡先に電話した。携帯電話会社社員や「セキュリティ協会」担当者を名乗る男から「支払わないと裁判になる」「未払い金を仮払いすれば、後で支払った分が返金される」などと言われ、20日までの間に計10回、計1188万9950円を指定された三つの銀行口座や住所に振り込んだり送付したりした。

 男性は25日、要求額が高額であることを不審に思い、白石署に相談。30日、被害届を受理した。

このエントリーをはてなブックマークに追加