新型コロナワクチン接種券の封筒の束。段ボール箱の中に収めて、発送準備を終えた=神埼郡吉野ヶ里町の吉野ヶ里保健福祉センターきらら館

接種券の見本と予診票などが同封されている=神埼郡吉野ヶ里町の吉野ヶ里保健福祉センターきらら館

 佐賀県神埼市と神埼郡吉野ヶ里町、三養基郡上峰町は31日、65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種券を発送した。嬉野市は対象となる約9300人に既に発送しており、県内のほかの市町でも4月以降に発送が始まる。

 神埼市は約1万300人、吉野ヶ里町は約4200人、上峰町は約2600人が対象になる。接種券と予診票2枚、ワクチンや接種に関する説明、予約方法が記された書類などが同封されている。市や町の職員は「2回分の書類なので、なくさないように大切に保管を」と呼び掛けている。

 神埼市は5月以降のワクチン供給量が見通せないとして、実施日は再び連絡すると説明している。上峰町は4月27日、吉野ヶ里町は5月1日から集団接種を予定し、両町とも4月1日から電話予約を始める。システムが整い次第、ウェブや無料通信アプリLINE(ライン)でも受け付ける。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加