鳥栖市の麓小(西川哲也校長)で、第18回ブリヂストンこどもエコ絵画コンクールの表彰式があった。鳥栖工場で審査の結果、「工場長賞」は3年の長谷川翔一君が選ばれ、賞状と自転車、長谷川君の作品を取り入れた記念時計が贈られた。

 「せかいにつたえよう! すきなしぜん」と題して冬休みに絵画作品を募集し、鳥栖市内などから1071点が寄せられた。鳥栖工場の審査で14点が入選し、このうち麓小から9点が入選した。

 表彰式の様子は校長室から各教室にリモート中継を行い、八巻一彦工場長は、環境を守る同社の取り組みを紹介し「鳥栖市の豊かな自然を残していけるよう、これからも努力していきます」とあいさつ。長谷川君は「クワガタが好きなので頑張って描きました。自転車大切にします」と話した。同社は応募者全員に応募作品をステッカーにして配布する。(樋渡光憲)

 その他の麓小の優秀賞入選者は次の通り(敬称略)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加