準々決勝・太良―敬徳 2回表太良1死二、三塁、9番山下寛太の犠飛で生還する三走古庄竜馬=佐賀市のみどりの森県営球場

 第148回九州地区高校野球佐賀大会第9日は30日、佐賀市のみどりの森県営球場で準々決勝の残り2試合があった。多久は6―2で有田工を下し、太良は4―0で敬徳を破った。太良の4強入りは、1991年の春の県大会で優勝して以来、60季ぶり。

 第10日は2日、同球場で準決勝の東明館―佐賀北、多久―太良が行われる。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加