地方分権と道州制をテーマにしたシンポジウムが22日、佐賀市のアバンセで開かれた。首都圏への人口流出が地方に与える影響を議論。東京への一極集中を抑え、若者をつなぎとめるための地方の在り方を探った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加