新しく決まった「佐賀・長崎デスティネーションキャンペーン」のロゴマーク(佐賀県提供)

 JRグループと佐賀、長崎両県などが連携して取り組む観光キャンペーン「佐賀・長崎デスティネーションキャンペーン」のキャッチコピーとロゴマークが決まった。両県の頭文字である「S」と「N」から磁石を連想し、「あなたの旅のコンパスをSとNへ 佐賀と長崎へ出発進行!」とした。

 両県とそれぞれの観光連盟、JR九州でつくる実行委員会で決めた。1本の磁石というイメージで、両県の一体感を分かりやすく表現した。磁石の周囲にできる磁場を人が集まっている様子に見立て、誘客への願いを込めた。

 旅行会社が参加する全国宣伝販売促進会議を佐賀市などで11月9~11日に開催することも決まった。各社に観光素材をアピールし、キャンペーンに絡めた旅行商品づくりにつなげる。佐賀県の推進協議会事務局は「キャンペーンをきっかけに、新幹線の開業効果を県内全域に波及させていきたい」と話している。

 キャンペーンは2022年秋ごろの九州新幹線長崎ルート暫定開業に合わせ、同10~12月に実施される。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加