唐津市厳木町の天山神社で14日、県重要無形民俗文化財「広瀬浮立」が奉納された。江戸時代に始まったといわれる全国でも珍しい武家浮立で、裃(かみしも)姿の男衆が厳かに五穀豊穣を祈った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加