回答書を受け取る厳木駅舎と給水塔を愛する会の毛利幸雄会長=唐津市の厳木市民センター

 市民団体からJR厳木駅木造駅舎の無償譲渡の受け入れを求められていた唐津市は29日、JR九州からの譲渡を受け入れない考えを示した。市は公共施設の統廃合を進めており「公共施設の維持管理に要する費用が財政を圧迫している」として駅舎の維持管理は困難と判断した。

 厳木市民センターのセンター長と職員らが市民団体に回答した。市は公共施設を再編する中で、新たな公共建築物は「原則整備、保有しない」とした。回答書によるとJR九州は昨年2月、駅舎の無償譲渡を提案したが、市は断っていた。

 「厳木駅舎と給水塔を愛する会」のメンバーは回答を受けて「地域の文化として残すべき」「佐賀からの玄関口がなくなってしまうのか」と意見を述べた。

 厳木町内外の六つの市民団体は12月中旬に要望書を提出し、駅舎を補修する費用を約330万円と試算していた。(横田千晶)

【関連記事】

【動画】闇夜にふわり給水塔 厳木町でライトアップ

「地域固有の風景残して」 厳木の木造駅舎存続へ要望書

<たてものがたり唐津建築遺産>(5)厳木駅舎と給水塔

旅するシネマ(7)「東京日和」(1997年)

<空さんぽ 学校のある風景(27)>厳木高校周辺

このエントリーをはてなブックマークに追加