磁器原料の粘土(陶土)を製造する「水簸(すいひ)施設」がほぼ完全な形で見つかった有田町の泉山一丁目遺跡で13日、現地見学会があった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加