黄砂などの影響でかすむ佐賀市内。晴れていれば見える天山の稜線(りょうせん)もまったく見えない=29日午後4時ごろ、県庁展望ホールから北西を望む

 佐賀県内で29日、黄砂が観測された。飛来は30日ごろまで続く見通しで、福岡管区気象台は黄砂の付着や交通への影響に注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、29日午後3時現在、佐賀市駅前中央で、水平方向で見通せる距離「視程」が8キロまで低下した。また、唐津、伊万里、武雄の3地区を中心に、微小粒子状物質「PM2・5」の日平均濃度が環境基準値(1立方メートル当たり35マイクログラム)を超える状態が昼過ぎから続いた。

 黄砂は30日にかけて飛来し、視程が10キロ未満になる所があるとしている。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加