準々決勝・佐賀北―伊万里実 1回裏佐賀北無死三塁、2番千々岩颯太の犠飛で生還する三走中村一翔=佐賀市のみどりの森県営球場

 第148回九州地区高校野球佐賀大会第8日は29日、佐賀市のみどりの森県営球場で準々決勝2試合があり、東明館と佐賀北がベスト4に進んだ。

 東明館は唐津工に4-1で逆転勝ちした。0―1で迎えた八回、四死球で2死一、二塁とし、7番成澤空舞の適時打で同点。さらに4連続四死球による押し出しで3点を追加し、九回をきっちりゼロに抑えた。

 佐賀北は伊万里実に9―1で七回コールド勝ちした。初回に2点を先制し、4―0で迎えた四回には、1死満塁から3番笹山宗悟が3点適時打を放ち、さらに突き放した。先発北原旭は六回途中まで投げて4安打1失点と好投した。

 第9日は30日、同球場で準々決勝の残り2試合が行われる。(草野杏実)

 

 ▽準々決勝

唐津工000000100-1
東明館00000004×-4


伊万里実 0000010-1
佐賀北  211401×-9
   (七回コールド)

きょうの試合
【みどりの森県営球場】
 ▽準々決勝
多久―有田工(10時)
太良―敬徳(12時30分)

このエントリーをはてなブックマークに追加