花粉不足で2015年度の国内のナシ生産が危ぶまれていた中、佐賀市の農業資材商社が全国の生産に必要な中国産花粉の量を確保し、生産危機を回避できることが分かった。同社が23日、農水省に報告した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加