山野の草花や実を樹脂粘土で再現した作品展が、みやき町の四季彩の丘みやきで開かれている。雄しべの花粉にまでこだわった造形が来場者の目を引いている。30日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加