橋本康志市長(右)に目録を手渡すシーエックスカーゴの山下文章・執行役員第二事業本部長=鳥栖市役所

 生活協同組合の物流会社「シーエックスカーゴ」(本社・埼玉県桶川市)が23日、創業30周年を記念し、企業版ふるさと納税を利用して鳥栖市に30万円を寄付した。

 同社は2002年に鳥栖市弥生が丘に流通センターが、08年に同市姫方町に冷凍流通センターが進出し、従業員は両センターで726人。30周年記念活動として鳥栖市をはじめ物流センターを設置している埼玉県桶川市、広島県尾道市など計5カ所に寄付した。

 贈呈式では、山下文章・執行役員第二事業本部長と堀信治・第二事業本部長スタッフが訪れ、橋本康志市長に寄付目録を手渡した。「若者の就労支援に活用してほしい」という同社の意向で、浄財は鳥栖市創業支援相談事業に活用される。(樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加