平均身長の5センチの差を埋めようと、持ち前の走力で山形商に立ち向かった清和。しかし、48-76の大差で敗れ、貞松大監督は「いくら速くても、決定率が悪ければこういう試合になる」と天を仰いだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加