「大典(だいすけ)が喜んでくれるはず」-。知的障害がある子どもたちが学ぶ佐賀市の県立大和特別支援学校に、鹿島市浜町の池田博さん(65)、則子さん(60)夫婦が総額500万円を寄付した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加