「アンサンブル・ソネット」のメンバー(提供写真)

 佐賀市天祐の「佐賀ギター音楽院」(関谷静司院長)の生徒と講師が出演するクラシックギターコンサートが、30日午後2時から同市兵庫北のほほえみ館で開かれる。心安らぐギターの音色を、アンサンブルとソロ演奏17曲で堪能できる。

 女性6人組の「アンサンブル・ソネット」は、約40年前からメンバーを入れ替えながら続いてきた。タンゴ「ロドリゲス・ペーニャ」など5曲を演奏する。60歳以上限定グループとして約20年前に始まったギター・アンサンブル「ラ・プラタ」は、最高齢の87歳を含む8人で活動する。チマローザの「ソナタ」など4曲を披露する。

 「鐘のひびき」や「粉屋の踊り」など8曲で円熟した演奏を聞かせる関谷さんは「曲のジャンルや時代を理解して、楽譜を音として生かすのが演奏。その苦労があるから続くのかもしれない」と話す。入場無料で定員50人。事前予約が必要。問い合わせは佐賀ギター音楽院、電話0952(26)9422。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加