平日昼間の火災発生に備えて佐賀県職員が消防団員を務める「佐賀市消防団県庁部」は24日、佐賀市兵庫町の県消防学校で初の訓練を行った。県職員11人が参加し、ポンプの扱い方や放水操作を習得した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加