感謝状を受け取る県環境科学検査協会の福岡正輔副理事長=県庁

感謝状を受け取った県環境科学検査協会の福岡正輔副理事長(中央)ら=県庁

 一般財団法人「佐賀県環境科学検査協会」は25日、県のふるさと納税を通じて、鳥栖市の九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット)に200万円を寄付した。

 県庁で贈呈式があり、小林万里子副知事が感謝状を手渡し、「定期的に寄付していただいて感謝している」と述べた。同協会の福岡正輔副理事長は「サガハイマットで十分な治療をやっていただけるように活用してほしい」と話していた。

 同協会は2014年から毎年サガハイマットに寄付を続けていて、寄付額は今回で計2千万円に上った。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加