魚がいっぱいの清流にしようと、鳥栖市の住民グループ3団体が20日、それぞれの地域を流れる川の上流にヤマメの稚魚計1万2千匹を放流した。 市制40周年を機に始めた環境保全活動で、今年で21回目。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加