桜の名所に掲げられた黄色いハンカチ=伊万里市山代町のMR浦ノ崎駅

桜の名所に掲げられた黄色いハンカチ=伊万里市山代町のMR浦ノ崎駅

 「桜のトンネル」で有名な伊万里市山代町の松浦鉄道(MR)浦ノ崎駅に、地元の人たちが黄色いハンカチ135枚を飾った。新型コロナウイルスの終息など願い事を書き込んでいる。

 住民グループが主催する「桜の駅まつり」がコロナの影響で中止になり、その代わりとして企画した。地元の園児や児童、高齢者施設の利用者がそれぞれ願い事や絵を描き、駅の入り口に並べて飾っている。呼び掛け人の井手一雄さん(70)は「100歳まで幅広い世代が参加してくれた。2年連続の中止で落ち込んだ気持ちが少しは晴れたかな」と話している。

 線路の両脇には約80本の桜の木が並び、満開になると「桜のトンネル」ができて絶好の撮影ポイントとなっている。週末までが見頃という。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加