一番の目標であるインターハイでの日本一に向け、大きな弾みとなった。新体操男子団体の神埼清明は、2位の青森山田を0・175点上回る17・300点をマークし、3年ぶりの頂点に立った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加