枕草子に宮仕えの悲哀を描いた段落がある。今年は必ず役職につけると聞いて、除目(任官日)に人が集まって前祝いをしながら待っている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加