福岡県太宰府市で2019年10月、高畑瑠美さん=当時(36)=が暴行され死亡した事件で、遺族が事件前の鳥栖署の相談対応などについて批判していることを巡り、県警の松下徹本部長は26日の定例会見で、県警の「相談等取扱票」の記載内容を明確化するなど、相談などの取り扱いに関する訓令と訓令の運用を改正したと発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加