鳥栖-福岡 後半、シュートを放つ鳥栖MF樋口雄太(中央)。リーグ戦6戦無敗の勢いを、ルヴァン杯にもつなげたい=21日、鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はYBCルヴァン・カップ1次リーグ第2節の27日午後2時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで北海道コンサドーレ札幌と対戦する。開幕から6試合無敗で無失点を継続するリーグ戦の勢いそのままに、カップ戦でも勝利を収めたい。

 A組の鳥栖は、第1節(3日)は敵地で鹿島アントラーズと対戦。直前のリーグ開幕戦からスタメン11人を総入れ替えして臨んだが、前半から動きが硬く、ボールを保持して主導権を握る持ち味を発揮できないまま、0-3で敗れた。各組上位2チームによるプレーオフ(PO)に進むためには、今節は勝利が求められる。

 今節はリーグ戦から中5日と比較的日程の余裕があり、メンバーの大幅な入れ替えがあるかは見通せないが、普段出場機会の少ない選手は、結果を残してスタメン奪取へアピールしたい。

 対する札幌は、リーグ戦1勝1分け3敗の14位。横浜FCとの開幕戦で白星を挙げて以降は4戦未勝利だが、前節の神戸戦でFWアンデルソンロペスがハットトリックを達成している。ルヴァン杯の第1節では、福岡に3―2で勝利しており、3年連続のPO進出を狙う。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加