佐賀県は25日、県内で新型コロナウイルス感染が確認された人のうち、1人が変異株に感染した疑いがあると発表した。24日に感染を公表した大阪府の20代男性で、国立感染症研究所の検査で確定すれば、県内初の変異株の検出になる。

 県によると、男性は19日に大阪府の陽性者と接触した。23日に列車で県内に帰省する途中、大阪府の保健所から濃厚接触者に該当するとの連絡を受けた。佐賀駅から徒歩で県内の保健福祉事務所を訪れ、検査で陽性と判明した。1人で行動しており、県内では接触者はいないという。

 男性は無症状で、23日に宿泊療養施設に入った。25日に変異株を見つけるためのスクリーニング検査で陽性と分かり、医療機関に入院した。県は検体を国立感染症研究所に送る。ゲノム解析の結果は10日程度で分かる見通し。

 県の25日の発表では、新規の感染確認は2日ぶりにゼロだった。(円田浩二)

 

■過剰に恐れないで

 感染症学が専門の青木洋介佐賀大医学部教授の話 「変異株」という言葉に惑わされ、過剰に恐れることはない。これまで通り「3密」を避け、マスクや手指消毒を徹底することが感染防止につながる。ワクチン接種もウイルスの体内への侵入を防ぎ、感染しても症状を抑える効果が期待できる。接種の順番が訪れたら受けるべきだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加