若い個性にあふれた50点が並ぶ有田工高生の作品展=武雄市のJR三間坂駅

 武雄市山内町のJR三間坂駅にあるコミュニティースペース「悠」で、有田工高の生徒の作品展「駅の小さなギャラリー」が開かれている。デザイン科から機械科まで、若い感性にあふれた約50点が並ぶ。

 デザイン科の出品は多彩。素描やテーマを持ったデザイン画やポスターのほか、有田のキンカンをPRするために実際に使われた出荷用のかわいい段ボールもある。

 機械科は立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」を“自作”。学校の120周年をアピールする竹灯籠も並ぶ。セラミック科はホームのショーウインドーに花器やつぼ、オブジェなどを並べた。31日まで。火曜日は休み。(小野靖久)

このエントリーをはてなブックマークに追加