佐賀地裁の判決を不服として控訴状を提出に向かう原告側の石丸初美さん(右3人目)ら=佐賀市

 原発に反対する市民団体が国や九州電力に対し、玄海源発3、4号機(東松浦郡玄海町)の原子炉設置変更許可の取り消しや運転差し止めを求めた二つの訴訟を巡り、原告側は25日、いずれの請求も退けた佐賀地裁の判決を不服として、福岡高裁に控訴した。

 訴訟は「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」(石丸初美代表)が起こし、今月12日に判決が言い渡された。判決では、新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の審査や判断に不合理な点はないなどとして、原告側の請求を退けていた。

 25日の控訴後に佐賀市内で会見を開いた石丸代表は「原発事故が起きたら、命と暮らしを根こそぎ奪われる。諦めてはいけない」と訴えた。九電は「控訴状の内容を検討した上で、原審同様、適切に対応していく」と話した。原子力規制庁は「現時点では裁判所からの通知を受けていないため、コメントを差し控える」とした。(小部亮介)

このエントリーをはてなブックマークに追加