佐賀市の県立高の元男子生徒が、いじめを受けて精神疾患を発症し転学を余儀なくされたとして、県と同級生3人に慰謝料など1千万円の損害賠償を求める訴えを佐賀地裁に起こし25日、第1回口頭弁論が開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加